会社設立を検討中の方に朗報|選び方を知ろう

レディ

海外で会社を持つために

観光のために香港に行くのではなく、収入を得るために香港に行くには就労ビザや投資ビザが必要です。申請に必要な書類や本人確認の書類などを準備しておく必要があります。観光ビザよりも煩雑な作業になるので、サポートしてもらえる業者を雇うのが便利です。

店舗

他店にはない魅力を考える

飲食店経営を始める場合は他店にはない魅力を考えることが大切です。目立つ外観や内装も魅力にはなりますが、飲食店なのでメインは料理です。そのため、飲食店経営の準備をする時は看板メニュー作りから始めることをおすすめします。

レジスター

利便性の追求されたもの

レジの進化はめまぐるしく、近年ではすべてのやり取りが瞬時にパソコンに送られ管理できるようになっています。人件費や運営効率のアップにつながり、続々と導入するお店が増えているのです。またそこからの進化もみられタブレット型というレジもあります。

合同会社を設立する基本

ビル

オフィスの選び方が重要

会社設立には大きく分けると2つの方法があります。合同会社にするか株式会社にするかです。一般的には合同会社を選ぶことになります。株式会社設立では株式でお金を調達したりなど色々な手続きが必要です。しかし合同会社設立なら手続きが簡単なのです。特に東京などの大都会では多くの企業がひしめき合っているので、初めは誰でも簡単に起ち上げることができる合同会社設立が適しています。事業運営が順調にいってから、株式会社へ移行すればいいのです。また合同会社設立に必要な資金は登録免許税の6万円があればいいのです。少ない資金で設立できるのも合同会社のメリットです。東京で会社設立する場合に問題となるのがオフィスの確保です。東京は全国でも最も地価が高いので、都心部でオフィスを構えるとかなりの資金が必要になります。事業内容によっては東京の郊外にある安い物件を借りてオフィスにします。もう1つの方法はレンタルオフィスを利用することです。合同会社は規模が小さいですし、設立当初は社員数も少ないはずです。レンタルオフィスでも充分に役立ちます。レンタルオフィスなら都心の便利な場所にオフィスを構えることができますし、名刺に一等地の住所を使うことができます。実際に会社を運営していくためには、事前に事業計画書を立案する必要があります。そして法人口座や法人カードなどを用意します。法人カードは個人の支出と会社の経費を分けるために必要なカードです。東京で会社設立する場合は合同会社でも初期費用がかかりますから、銀行から融資を取り付けることもあります。